中国原生

中国では桂花(ケイカ)、日本では金木犀(キンモクセイ)

9月下旬〜10月上旬に花を咲かせる。

学名  Osmanthus fragrans var. aurantiacus
    
Osmanthus(オスマンサス)ギリシャ語の 「香り+ 花」が語源

中国では「8月に桂花は一面に咲き、桂花の開花は幸福が来る」と言われて
います。

この8月とは旧暦で、今の9月頃にあたり桂花の季節を意味します。
このため「桂月」とも呼ばれています。

また、桂花には、気高く尊い、しとやかさ、大いなる名誉そして友好という意味
合いがあるためお祝のシンボルとされています。
日本での花言葉は、「謙遜」「真実」です。

桂花は中国の旧華南と華東地域(今の四川、雲南、貴州、広東、広西、湖南、
湖北、
浙江)に広く野生していました。

現在桂花は、成都、武漢、南京、桂林、杭州、蘇州などで栽培されています。
栽培の歴史は2500年以上にもおよびます。

栽培した桂花を使用した製品の開発は絶えず行なわれており、桂花茶、桂花水晶、
桂花ケーキ、桂花飴、桂花月餅などがあり、中国国内消費はむろんのこと、
他国への輸出も行なわれております。


桂花(キンモクセイ)の成分

Β−イオノン、リナロール、リナロールオキサイド、Cis−3−ヘキセノール、などで主に構成されています。
 
Β−イオノン、リナロール、リナロールオキサイド、Cis−3−ヘキセノールは、
健康維持、美容などの体に役立つ成分です。

この為、中国では漢方としても使われています。

会社概要へ     楽天市場通販ページへ     Yahoo!通販ページへ     紹興酒豆知識へ  

     自社通販ページへ       展示会出展歴へ        桂花陳酒の故郷−古井双喜へ   

画面の上へ

お問い合わせ

有限会社 東方新世代  横浜市中区尾上町5-77-2馬車道ウエストビル4階

東方新世代ホームへ

萬彩

自社通販ページへ

MANSAI 

桂花(キンモクセイ)と言う植物について
中国からのお話し